Qwertyの部屋

アコライト、時々、相談所。アヴァベルオンラインをプレイしつつ、バーチャルの世界からリアルを考えるブログ。

皆で見る夢、その中での自分 ~オンラインゲーム研究その7~

こんにちは。Qwertyです。

 

長らくご無沙汰しておりましたが、ようやく読み終わりました。もはやオンラインゲーム研究って何だっけ?状態ですが…w

 

今回読んだのはこちら。

 

LIFE ON THE SCREEN

Sherry Turkle著

 

結構昔の本ですが、それなりに有名なタイトルです。日本語版は謎に高価な中古品しかなかったので、英語版を取り寄せることとしました。

 

これが出版されたのは1995年。現在のゲームのように画像が洗練されてきた時代ならまだしも、こんな昔にすでにMUDの中での結婚や性行為の話題が議論されていたというのは新鮮な驚きでした。

 

コンピューター上の生物は生命とみなせるのか、生命とみなせなくても会話などやり取りのできる「相手」とみなせるのか、などと色々と面白い話題は出てくるのですが、中でも印象に残ったのは、ゲームの中の自分とはどのようなものか、という話題でした。

 

その話題の中で、MUD(Multi User Dungeon)の中の自分は、自分の人格の中で現実世界には登場できない部分が現れている、という話が出てきます。

本の中で語られているように、一人の人格の中にも様々な面が存在しています。話をする中で「本当の自分がわからない」という言葉を耳にすることも珍しくなくなってきたのですが、そういった方には、本来人格の中には「これが本当の自分」というものはなく、色々な部分がありながらも何となくそれが一つにまとまっている、くらいのものだというお話をしています。本の中では、コンピューターの画面上に複数のウィンドウが開いていて、それらを切り替えるようなもの、という表現がなされており、言い得て妙だと感じました。

 

人格の中には様々な面があるとは言っても、それらをすべて表現できるわけではありません。社会で生きる上ではどうしても特定の役割を期待されてしまいますから、それにそぐわない面は、日常生活においては心の奥底にしまい込む必要が出てきてしまいます。

でもMMORPGの世界では、 何か特定の役割を与えられているわけではありませんから、そういった制約を受けずにふるまうことが可能です。だからこそ、普段は抑え込んでいる自分、例えば女性なら攻撃的な面、男性ならば女性的なやさしさ、そういったものが出てくるのではないか、という話に至るのです。

 

MMORPGの世界はいわば、皆で見ている夢のようなものなのかもしれません。各々が自分の望む姿になり、なりたい自分になって他者と触れ合える、そんな「夢」の世界。明晰夢というのは、このような感じなのでしょうか。

 

それはあまりに魅力的であるがゆえに、夢と現実はしばしば逆転してしまいます。MMORPGの中での自分が現実の自分であり、現実世界の自分は仮の姿、そんなふうになっていくと、ネットの世界に埋没してしまい、依存という文脈で語られることになってしまいます。

 

でも興味深いことに、MUDの世界に一度埋没することにより、自らの課題を克服した事例がこの本の中では語られています。

著者はエリクソンのモラトリアムの概念を援用し、現実世界にモラトリアムがなくなった今、MUDの世界がその役割を果たしていると述べています。色々試して失敗から学ぶ、ということはどんどんやりづらくなっていますが、バーチャルの世界でならそれも可能、ということのようです。現実の世界で失われつつある機能をMUD、MMORPGの世界が補完しているとしたら、とても興味深い話ですね。

 

現実世界の私とこの世界での私を比べると、あまりやっていることには違いがないのではないかと思ってはいるのですが、もしかしたらどこかに抑圧された自分の一面が顔を覗かせているのかもしれません。他のギルメンの皆さんはどうなんでしょうかね…。

 

覚めない夢はいずれ悪夢に変わります。でも夢を夢だと気付き、その世界の中でしか得られない体験を自らの財産とすることができたのなら、逆に大きな成長につながる可能性もありそうです。バーチャルの世界が現実世界にどんどん進出してきているこの時代では、いかに2つの世界をうまく行き来するかが大事なのでしょう。

 

ではまた(*゚▽゚)ノ

久々のカバオゲームズ記事(^ω^)

こんにちは。Qwertyです。

 

全然書けていなかったカバオゲームズ記事もようやく再開です。最近は同盟様と一緒にプレイすることも多かったのですが、今回はギルド内で実施。

 

f:id:kQwerty:20181113232437p:image

 

ゲーム名は「ランエモ」。エモーションを6つ用意し、指名された人が指定されたエモーションをする、という単純なルールです。ネーミングは「ランダムにエモーションする」から来ているのですが、どうやら若干適当らしいですw

 

今回も罰ゲームがあるとのこと。詳しい内容は明かされませんでしたが、何とプロフィールに「何かしら」書いてもらう、というもののようです((((;゚Д゚)))))))

 

f:id:kQwerty:20181113232457p:image

※図はイメージです

 

しかし!( ✧Д✧) カッ!!

 

システム的にはだるまさんが転んだに似ているので、これならいけるはず。3ミスで罰ゲームとのことですし、落ち着いてやればきっと3回もミスすることはないはず…( ̄▽ ̄;)

 

ということで試しに練習してみたのですが…

 

終わらない…(ーー;)

 

慣れているのはほかのメンバーも一緒。単純に「座る」「空気椅子」などと言っても全く間違えてくれません。だんだんとじれてきて「座って謝らない」「座って立ってやっぱり謝る」など二段構え、三段構えも自然と出てきたのですが、それでも皆やすやすとクリアしてしまいます。

 

しかし、その中でも必死だったメンバーが一人。

 

それは我らがマスターその人です。

 

どうやら帰り道に紙袋が破れてしまったらしく、おまけに雨まで降ってくるという弱り目に祟り目状態。

途中までは頑張ってプレイしてくれていたのですが、ついに力尽き、「もう」「むひ」「むり」「俺はアウトで」「いいから」「かわって」と途切れ途切れに発言する様はまるで今際の際の遺言のよう…w

 

ちなみにその後、上記の「むひ」がメンバーの中で流行るという事件も起きましたw

 

え、ゲームはどうなったか、ですか?(・ω・)

 

結論から言うと、罰ゲームになった人はいませんでした。最後の方になると勝負よりも遊び心が勝ってしまい、「部下に怒ったけど自分のミスに気付いて謝る」などのストーリー仕立ての指示になったり、無駄に壁際で落ち込むポーズをさせたり、いかに面白いことを言うかの勝負になっていったようにも思いますw

 

ギルドに入ったばかりの方も来ていただけましたし、皆で楽しめたので、まあいいんじゃないでしょうか(^ω^)

 

ではまた(*゚▽゚)ノ

久々のブログ更新! ~この2週間と、もう少し前を振り返って~

こんにちは。Qwertyです。

ここ最近で季節もあっという間に変わり、冬が近づいてきましたね。

 

こんにちは、というより、かなりお久しぶりになってしまいました…(ーー;)

サブマスになったはいいものの、タイミング悪くリアルの方が忙しくなってしまったため、アヴァにinすることすらままならない状況が続いており、気付けば最終更新から2週間が経っているという衝撃∑(゚Д゚)

ギルメンの皆さんにはいろいろとご迷惑をおかけしてしまいましたが、ようやくある程度まともに活動ができそうです。

 

2週間も経つと色々あるものです。

カバオゲームズ(王取り合戦、逃げ切り鬼)を同盟の皆さまと一緒にプレイしたり、罰ゲームで厨二な名言が飛び交ったり、ギルド公式戦に殴り込んだり…

ブログに書けるネタは大量にあるのですが、残念なことに記事にする時間がありませんでした。言い換えればそれだけアクティブに活動している、ということなんですけどね。

 

ゲーム自体もアップデートによりレベルキャップが260まで解放されました。周囲が次々とカンストしていく中で焦りを感じておりましたが、最近機種変更に乗じてようやくデータ容量を増やすことができ、にゃんパックオート放置睡眠という荒業により何とか257まではきています。あと少し…ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

ステータスはそこまで延びていませんが、フルーレを埋め込んだ通常防具星12を着々と作っているほか、ルーン武具も星10~12に育てるなどしており、右武器の覚醒も3まで進みました。少しずつではありますが、確実に前進しています(≧∀≦)

 

攻塔戦に関しては、残念ながらあれ以降まだ塔を取れてはいません。ただ、Charlotte様と同盟を組み、参加人数が増えた後は可能性を感じる場面は多々ありますので、またあの光景を見られるのも時間の問題なのではないか、とひそかに思っています(ΦωΦ)フフフ…

 

相談所も長らくご無沙汰になってしまいましたが、今日はようやく開くことができました。

機種変更に伴い色々なアプリのデータ引継ぎをしていたのですが、いくつかのアプリはサービスが終了していました。アヴァベルはもちろん生き残っているのですが、サービスが続く、ということは当たり前ではないのだな、と改めて感じました。

 

最初にこのゲームを始めた際は、実は相談所がメインでした。色々なMMORPGを試した結果、チャットシステムが一番使いやすかったのがアヴァベルだったのです。通りがかる方々と知り合いになり、何度かギルドに誘われたこともあったのですが、相談所にプレイ時間の大半を割いていたため、ギルドでの活動についていくことは難しいだろうと思いすべてお断りしていました。

ちなみにそれ以外の時間は、アバターを買うために装備品を仕入れては売ることを繰り返していました。露店の状況をこまめにチェックし、掘り出し物を仕入れて売る、というのは今はもうできませんが、あれはあれで面白いものでした。

今では比較的簡単にアバターが手に入りますが、最初はアバターをどこで手に入れればいいのかすらわからりませんでした。初めておそろいの色のアバターを露店で買えた時はとてもうれしかったのを今でも覚えています。今担いでいる杖のアバター(ディバイナースタッフ)は露店で見た瞬間に一目ぼれしてしまい、1200万Gととても高価でしたが、何とかお金を貯めて購入できたときの達成感は格別でした。どれも思い入れのあるアバターなので、恐らく今後も変更はしないと思います。

それに、以前プレイした際に知り合った方々がもし戻ってこられたら、パッと見てわかるようにしておきたい、という思いも、実は少しあったりするのです。

 

あれから3年近くが経ち、私もいろいろと変化してきました。リアルのみならず、ゲーム内でも「ギルドに所属する」という大きな変化が起き、今やなんとギルドのサブマスです。そのようにゲームでの活動に関わっていくとは想像もしていませんでしたが、相談所も含め、アヴァベルの中で得た経験は、私がやりたいことを実現するために確実に役に立っていると感じています。

 

久しぶりなので、ついついいろいろと書いてしまいましたw

皆さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、勧誘勧誘…(-д☆)キラッ

興味がある方はぜひギルド†K†にお越しくださいね(^ω^)

 

ではまた(*゚▽゚)ノ

王様を倒せ! 〜カバオゲームズ『王取り合戦』

こんにちは。Qwertyです。

 

先週のカバオゲームズを遅ればせながら記事にしてみました( ̄▽ ̄;)

 

王取り合戦と銘打たれたこのゲーム。2チームに分かれ、それぞれ王様を決めて、先に王様を倒した方が勝ち、というルールです。

素の実力差が出ないよう、王様は頭と下半身のみ防具装着可、それ以外のプレイヤーは防具装着不可、武器は全員共通で、武具屋で売っている中で一番弱い武器を使用する、という調整が行われました。

 

今回はキングさんチームとカバオさんチームに分かれ、私はカバオさんチームになりました。今までの流れからすると、キングさんチームにならなかった時点で勝ったも同然と言っていいでしょう( ̄∀ ̄*)

 

…おっと口が滑った…(・ω・)

 

で。

 

まずは王様を誰にするかの話し合いです。

条件として、回復が可能なアコライトと、自然回復が大きいウォリアーは不可。となると、HPオバケのめぇさんか、フロストバリアで嫌がらせが出来るめるさんか…。

悩んだ末、めるさんを王様にすることにしました。相手チームも全く同じ発想だったのか、同じくサモナーのテオさんが王様になっていましたw

 

王様を決めたら、とりあえず練習試合です(-д☆)キラッ

 

もしかして全然王様が倒せないのでは…( ̄▽ ̄;)と思っていたのですが、意外にもかなりいいバランスになっており、ちょうどメインタワーのボスと戦っているような感覚でした。

練習試合は相手チームのしゅくさん(アコ)が途中まで回復を使わないというサービス精神を発揮してくれたため、首尾よく勝利を収める事ができました(≧∀≦)

 

2回戦目はしゅくさんも回復を積んで開始。

こちらの陣地まで来て

しばく( ✧Д✧) 

と宣言する、気合い十分なテオさんw

f:id:kQwerty:20181024002728p:image

 

こちらは王様をリベのめぇさんに変更して臨みました。今回も勝てるだろう、と思ったのですが…

 

フロストバリアで凍傷になっている間にシャボン玉でじゃんじゃん回復されてしまうので、いつまでたっても倒せません\(^o^)/

 

結局勝負がつかなかったので、3回戦目は「アコの回復はリンクヒールのみ」というルールで行うこととしました。

 

リンクヒールのみだと、回復するためには王様に張り付かないといけません。めぇさんはHPオバケだし、リベなので地味に回復もしてくれるはず。それならいっそ…

 

というわけで、札にシャイニングレイ×2、セントウィング×2という超攻撃的布陣で臨むことに(ΦωΦ)フフフ…

 

結果、カバオさんがしゅくさんを抑えてくれている間にテオさんに猛攻撃し、見事勝利することができました(≧∀≦)

 

ステータスが低かったり、武具が弱かったりしても楽しめるこのゲームはかなりの名作です。さすがカバオさん(^ω^)

 

…できればその才能を罰ゲームには発揮して欲しくないところです…(ーー;)

 

新しくcharlotte様も同盟に加入して下さいましたし、こんな感じでみんなでワイワイ楽しめたら良いですよね。

 

ではまた(*゚▽゚)ノ

サブ3号作成、通常武具でクリスタケース強化!

こんにちは。Qwertyです。

 

最近は時間がなくてカバオゲームズの日記しか書いていないような気が。しかも先週のは名作だったのにまだ書けていません。何とかいずれ記事にせねば…(ーー;)

 

育成に関しても、一応夜な夜な壊れた武具や魂晶を(寝ながらですがw)集めたり、プリーストのEXスキルであるアルカディアリングを遅ればせながら星5にしたり、ちょこちょこクリスタケースを埋めたりして、少しずつではあるのですが進歩はしているのです。

 

しかし!

 

なかなか思うようにいきません。

特にクリスタケース…( ̄▽ ̄;)

 

以前、

クリスタケースのルーン武具を育てる( ✧Д✧) カッ!!

みたいなことを書いたのですが、正直なところ星5程度ではせいぜい1/6程度しか反映されず、星10まで育てようとすると一つにつき進化の脈石が40個も必要になってしまいます。これではいつになったら強くなれるのやら…

 

ということで、ついに最近噂のアレに手を出すことにしました。

そう、通常武具星12に魂晶を入れてクリスタケースに埋めまくるというアレです。

 

最終的にはいいステータスのルーン武具に魂晶を埋め、それを育て上げた方が強くはなりますが、それだと短期的にはあまり変化が出ません。長期的な視野は確かに大事ですが、ある程度短いスパンで結果を出すこともまた必要。時間は止まりませんから、最終的には無駄になったとしても、「今強くなる」ための手段も考えなければならないのです。

 

今のサブは両方とも45階まで解放してしまっているので、もう通常武具星12は品揃えから消えてしまっています。つまり、これを手に入れるためにはもう1人サブを作らなければなりません。

 

色々迷ったのですが、今回はクリエイターを作ることにしました。狩効率はイマイチなのですが、対人では貴重な職ですので、この機会に作っておこうと思ったのです(ΦωΦ)フフフ…

 

クルクルし過ぎてあっという間にSP切れになるなど色々と苦労がありましたが、なんとか26階まで解放し、無事お目当ての商品が入荷。価格は…

 

1億500万円…

 

…まあ高いですがこんなものでしょう( ̄▽ ̄;)

 

これを仕入れたあとは、スロット解放器の準備です。1億3500万で買うことも出来るのですが、お金は武具の仕入れに使いたいので、こちらはガチャを回す事に。

 

100以上の解放器を手に入れる方法は2つ。通常のスロットフェスなら確実に手に入りますが、1回4魔石。もう1つはスロット解放・魂晶取り外しジャックポット。こちらは複数個手に入る可能性もあり、1回3魔石とお得感はありますが、取り外しの方が出てしまう可能性もあります。

 

さて、どちらを引くべきか(・ω・)

こういう時は、期待値の計算です。

 

スロットフェスの方は確実に1個手に入りますので、1×1=1個/4魔石=0.25個/魔石

ジャックポットの方は、

5×0.02+4×0.04+3×0.06+2×0.08+1×0.30=0.9個/3魔石=0.3個/魔石

 

つまり、ジャックポットの方が期待値は上(-д☆)キラッ

10連で引いたところ、14個と期待値以上の個数をゲットできました(≧∇≦)

 

さあ、いよいよ埋め込みです。

今回は下半身にレモラを埋め込んでみることにしました。貯めておいた壊れたシリーズを使ってレベル120まで強化し、魂晶をセット。結果やいかに…(; ・`д・´)…ゴクリ…

 

ビフォーアフターを比べてみると、S+3、I+2、D+7となっていました(≧∀≦)

反映率は46%とのことで、9ステの魂晶だと11〜12の増加となるようです。これはなかなか(ΦωΦ)フフフ…

 

この調子でどんどんステータスを上げていきたいと思います。まずは目指せ1500ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

ではまた(*゚▽゚)ノ

冷酷無比なヴァルキリー ~カバオゲームズ「鬼ごっこ」~

こんにちは。Qwertyです。

 

サブマスになって最初のカバオゲームズは鬼ごっこ。ルールは以下の通りです。

 

①使用できるのは通常攻撃、ダッシュ、ジャンプのみ

②逃げる側は、攻撃を当てられたらアウトとなり、マップ中央で座って待機(ラグがあるので、当たり判定はダメージ表示の有無で行う)

③アウトとなったキャラは、味方に攻撃を当てられることで復活することができる

 

f:id:kQwerty:20181010233121p:image
f:id:kQwerty:20181010233111p:image

 

マスター・サブマスの3人が鬼とのことなので、今回は鬼役です。鬼はアウトとなったキャラが解放されないように気を配りつつ、残りのキャラを追いかけなければなりません。これはなかなか大変…( ̄▽ ̄;)

 

しかも通常攻撃はなかなかにもっさりとしており、

ぃよいしょーぅい…

くらいに感じます。これで本当に当てられるのか…という不安を感じつつ、とりあえずやってみたのですが、

 

うん、当たらない\(^o^)/

 

お互いに攻撃しあうならまだ読み合いの余地はあるのですが、回避に専念している相手に通常攻撃を与えるのはかなり難しいです(ーー;)

しかもラグの問題で、こちらからは当たって見えるのに実際には当たっていないということもしばしば。ラグまで読み切って当てるとなると、もはや神業の領域にw

攻撃速度+60%でもあればまだましだったのかもしれませんが…

 

ということで、2回戦目は鬼に1つだけスキル使用が認められました。さすがにミルズはダメですが、その他奇襲系のスキルも使用可とのこと。範囲のある旋流か、奇襲性能の高い月輪かで迷いましたが、後者を選択。これでいける…と思ったのですが、

 

うん、やっぱり当たらない\(^o^)/

 

全く同じ事しか言えないのですが、回避に専念されると、奇襲とはいってもやはり予備動作を見て避けられてしまいます。油断している方に何度か当てることはできたのですが、残念ながら全員捕まえることはできませんでした。

 

やっぱり発生の速さを重視して閃光爆雷拳にするべきだったか…などと作戦を練っていたのですが、鬼の方が楽しく見えたようで、鬼をやりたいというギルメンが多数いたことから、3回戦目以降は鬼を交代することになりました。

 

そして事件は起こったのです。

 

3回戦目の鬼の中にはサモナーのテオさんがいて、選択したスキルはヴァルキリー召喚。スキルは1つしか選べないので、召喚しっぱなしで指示は出せない、という状況だったのですが…

 

なんと、ヴァルキリーさんはそのキャラに見合わず、捕まった人々にロックオンしてひたすら殴り続けるという暴挙に出たのです(ーー;)

捕虜の虐待は国際法違反なのですが、そんなことはお構いなし。攻撃間隔は1秒程度なので、通常攻撃では動作中にヴァルキリーの攻撃を受けてしまいますから、ヴァルキリーがいる限り脱獄は100%不可能。何という冷酷無比さ((((;゚Д゚)))))))

 

結局ヴァルキリーが消えた隙を狙って救出するしかありませんでした。まさに鬼の居ぬ間に洗濯w

 

4回戦目はローグのペコさんが鬼チームに。ローグには姿を消せるハイディングというスキルがあります。鬼ごっこで鬼が姿を消せるなんて、これは最凶のスキル…((((;゚Д゚)))))))

 

…だと思ったのですが。

 

攻撃の直前まで姿を隠せても、結局攻撃する瞬間は

ぃよいしょーぅい…

なので、簡単に避けられるんですよね( ̄∀ ̄*)

策士策に溺れるとはこのこと(・ω・)

 

これを見た鬼チームのリドさんは、諦めたのかセルフィホーリーを打つ始末。

f:id:kQwerty:20181010233618p:image

これはもしかして、汝の敵を愛せよ、ということでしょうか…。

今日はよく格言が出てきますねw

 

ちなみに今回は罰ゲームはなしでした。ゲーム内容がとても面白いだけでなく、対人戦の練習にもなるので、また機会があったらやりたいですね(^ω^)

 

…もちろんヴァルキリーはなしでw

国際法を遵守してくれるならいいですけど…

 

ではまた(*゚▽゚)ノ

サブマスター就任、質問箱開設、そして… ~相談所の所感その3~

こんにちは。Qwertyです。

 

この度、ギルドKのサブマスターを務めることとなりました。ついこの間入れて頂いたばかりの新米気分で過ごしていたのですが、なんだかんだで所属してから半年ほど経ってしまい、気付けば古参の仲間入りをしていたようですw

 

サブマスターになったからには…(-д☆)キラッ

 

…というのは特にないのですが、変わらずギルドを支えていければと思っています。

 

サブマスターになったのを記念して、というわけではないのですが、peingの質問箱を開設することにしました。「誰でもない誰か」でい続ける都合上、私に関する情報についてのご質問は「ご想像にお任せします(^ω^)」という紋切り型でお答えすることになるのですが、それ以外のご質問でしたら、お答えできる範囲でお答えしていこうかと思っています。まあ質問が来れば、の話ですがw

 

この形態を続けていると、やはり「誰でもない誰か」というのはメリット・デメリットの両方がある、ということを改めて感じます。ただ「こういう相手に相談したい」というものを最初からお待ちの場合は、むしろ私ではなく、明確にバックグラウンドを表明しているような方々にご相談いただく方が適切かもしれませんし、あくまでアバターを纏った「誰でもない誰か」にできること、というものを模索していこうと思います。

 

この相談所には、継続的に相談に来られる方はほとんどいません。個人的には、どちらかと言えば、通過点のような存在なのかな、と思っています。

ネットの世界はどうしても「現実逃避」として問題視されてしまいがちですが、確かに依存性などの問題はあるものの、ネットの世界もまた一つの居場所になり得ること、ネットでの繋がりによって保たれるものもあることは、頭ごなしに否定するべきではないでしょう。ただ「ネットの世界から出てこい」と言うだけでは、その居場所や繋がりすら奪ってしまうという、より悲惨な結果になりかねません。それよりはむしろネットの世界に自ら入っていき、居場所や繋がりを維持しつつ、その世界の中で話をする方がより望ましいのではないか、そんな思いも実はあるのです。ネットの世界を否定することで現実世界との溝が深まれば、却って現実世界に戻ってくることが難しくなってしまいますから、そうではなく、両者の特性を理解した上で、両者間の交通をスムーズにすることを考えた方が建設的なように思います。

 

ということで、リヴェールで見かけたら、お気軽にお声がけください(^ω^)

 

なお、Kのギルメンも絶賛募集中です。

レベルではなく、V400以上というちょっと変わった条件で募集していますが、対人戦での耐久力を考えてこのような条件となっております。とても居心地のいいギルドですので、ぜひ(≧∇≦)

 

…よし、仕事したな…( ̄▽ ̄;)

 

ではまた(*゚▽゚)ノ