Qwertyの部屋

アコライト、時々、相談所。アヴァベルオンラインをプレイしつつ、バーチャルの世界からリアルを考えるブログ。

必要とされるということ

こんにちは。Qwertyです。

 

今回のアップデートにより復活しかけたモチベーションが一気に下がってしまったため、ブログの更新もなかなかできていませんでした。

色々と考えた結果一つの結論にたどり着いたのですが、せっかくならブログにしようと思い、今回の更新に至ります。

 

今回のアップデートでは、無償魔石の配布手段が限解クエストから100万アチブとリーグ戦3勝に変更されました。ルーンの進化もしづらくなり、課金をせずに強くなる道がどんどん閉ざされているように感じました。

 

でもそれは考えてみれば当たり前のこと。課金をしなくても支障がないのであれば誰も課金しませんし、そうなればサービスは続きません。無償で配られるのがチケットだけで、魔石は買うしかなかった昔と比べれば、今はだいぶ良い環境なはずです。

 

ある程度以上強くなるためには課金が必須。それは私も納得していますし、「まあみんなとゲームを楽しむための交際費みたいなものかな」という感覚で合計数万程度は課金しています。それなのに、無償魔石がなくなっただけでなぜこれほどモチベーションが下がったのか。

もともと貰えていたものが貰えなくなるとその喪失感が大きい、というゲインロス効果もあるでしょうが、それだけではなさそうです。

 

自分の感情に言葉を与えるのはなかなか難しいものですが、恐らくこういうことだと思うのです。

 

今回のアップデートによって、「支援職はアヴァベルに必要ない」というメッセージを運営から突き付けられた

 

という感覚なのではないかと。

今回、アチーブメントとして取り上げられたのは狩りとタイマン。複数キャラを作ることが推奨されていますが、その中に支援職は明示されていません。

それらに適した職業ならアヴァベルを楽しめる。それらを作って狩りやリーグ戦をやり込む人の方がアヴァベルにコミットしている。そうなのだとしたら、どちらにも適さない支援職はもうこのゲームに必要ないのかもしれない。そう感じた方は私だけではないはずです。

 

リアルでもバーチャルでも、人は誰かから必要とされたいと思っているはず。必要とされないならこの世界にいる意味はあるのか、と考えてしまいます。今回「支援職はこのゲームに必要」というメッセージが少しでも含まれていたら、ここまでモチベーションが下がることもなかったでしょう。

 

結論的にはまだアヴァベルをやめるつもりはありません。ギルメンの皆さんとの関わりもありますし、相談所も続けたいと思っています。でも、もし多くのユーザーが「『必要ない』と宣告された」と感じたら、この世界も長くは続かないでしょう。そうならない事を切に願います。

 

ではまた(*゚▽゚)ノ